ジャカード ピニャータとレンジャーのアルコールインク比較

 

今回は私が使用している2ブランドのアルコールインクを比較します。

 

– Jacquard Piñata (ジャカード ピニャータ)

アメリカのJacquard (ジャカード)社のPiñata (ピニャータアルコールインクです。

ピニャータとはスペイン語で、子供の誕生日やお祭りに使われる、

お菓子やおもちゃを詰めたカラフルなくす玉を意味するそうです。

ジャカード ピニャータのアルコールインクは多色セットも販売されているので

初めてアルコールインク アートを始める方に人気です。

私も最初にこちらの9色セットを購入しました。

ちゃんとゴールドも入っているのが嬉しいです。

ですが、赤はありません。かわりにマゼンダは入っていますよ。

 

– Ranger (レンジャー)

こちらのRanger (レンジャー) 社もアメリカの会社です。

レンジャー社のアルコールインク関連商品は Tim Holtz (ティム ホルツ) というライン。

私はシルバーはレンジャーのものを使用しています。

こちらはだいたい単色または3色セットで販売されています。

お値段はジャカード ピニャータよりもちょっと高いです。

 

 

Jacquard Piñata (ジャカード ピニャータ) も Ranger (レンジャー) も

どちらも発色は良くとてもオススメです。

個人的にはインクが出る口が細いRangerの方が思い通りにインクを

落としやすく好きです。

 

 

(左がレンジャー、右がジャカード ピニャータです)

画像を見ていただくとよく分かりますよね。

インクの出てくる穴自体が小さいのもありますが、

ボトルの口が全体的に細くなっています。

特にピンポイントでインクを落としたい時に、ボトルを逆さまにしていても

ボトルの先が見やすく、狙いやすいです。

 

そして、レンジャーのアルコールインクのボトル内には、

振った時にインクが混ざりやすいように球が入っています

よく修正ペンとかマニキュアとかに入っているやつですね。

ジャカード ピニャータの方には入っていません。

 

(メタリックを除く) カラーが多いのもレンジャーです。

カラーの種類だけなら現在はジャカード ピニャータの1.5倍くらいあると思います。

初めてアルコールインクを購入される時は、まずジャカード ピニャータのセット、

そしてレンジャーでカラーを追加するのがオススメです。

 

もちろん日本や北米にお住まいの方には日本のコピック社の

補充用バリオスインクをオススメします。

追記: 2020年春、バリオスインクはボトルがリニューアルされコピックインクに生まれ変わりました。