ガストーチのすすめ

 

今回は私がフルイッド アクリリック アートで使用しているガストーチ (ガスバーナー)

をご紹介します。

 

左の缶が補充用ガス、右がガストーチです。

 

なぜフルイッド アクリリック アートにガストーチを使うのか。

 

使わなくてもセル ( = 細胞像の模様) は出来ます。

(セルが全く出ない / 数えるほどしか出ない時は、

メディウムのレシピの問題であることがほとんどです。)

 

ですが、ガストーチを使ったらもっと大きくて多くの

セルを出すことができます。

 

熱によって反応しているので、実は熱いものであれば

ガストーチでなくても大丈夫です。

( 燃やしたり炙っているわけではありません。)

ヘアドライヤーや、ヒートガン (ヘアドライヤーに似ていますが、

さらに高温、熱のみで風は出ません) を使用している人も多いのですが、

私はガストーチがお勧めです。

 

ヘアドライヤーですと温度が低いため反応しにくいです。

さらに風が出るので、絵の具がヨレやすく作品が台無しになってしまいます。

風によって絵の具の表面だけが先に乾いてしまうので、そのあとにキャンバスを傾けたり

しても流れ ( 変化 ) を加えることが難しくなります。

なので私はヘアドライヤーは使いません

 

ヒートガンとガストーチのどちらを購入しようか悩みました。

ヒートガンの利点としては、リフィル (補充) しなくて良いという点、

そして電気なので比較的安心という点です。

 

最終的にガストーチを選んだ理由は4つ。

 

1:高温である。

2:小さくて軽い。

3:コードレスなので、コードが作品に当たってしまう心配がない。

4:静か。

 

特に、コードレスであることは大きな決め手です。

コードを気にしながらトーチするストレスが無いですし、作品にコードがあたるリスクを回避できます。

 

そして、ヘアドライヤーとヒートガンはどちらも結構うるさいです。

静かなガストーチはいつでも騒音を気にせず安心して使えます。

 

小さくて軽いガストーチは長時間使用しても手が疲れずお勧めです。

私の使用しているガストーチは、最高1300度とかなり高温になります。

そして、サイドのダイヤルで火力の調節も可能です。

 

ガストーチを使用する場合は、ガスのリフィル (補充) をする必要があります。

最初は自分で出来るか心配でしたが、リフィルはすごく簡単にできます

ガストーチのリフィル (ガスの補充) 方法

ただし、ガスを使用していますので使用方法には十分お気をつけください。

必ず部屋の換気をしながら使用してくださいね。

ガストーチは楽天で購入できます。

 

ガスバーナーは楽天で購入できます。