ヨーロッパ7ヶ国を5週間で一人旅

 

クロアチア、ドゥブロヴニクでの夕焼け

 

2018年春、帰国しました。

 

3月の上旬、ロンドンを出発してから5週間の一人旅に出ていました。

2年間イギリスに住んでいたのに旅行に行く余裕がなく、今回が

初めてのヨーロッパ旅行でした。

 

訪れた国は7カ国。

 

スコットランドのエディンバラ。

フランスのパリ、ヴェルサイユ。

ベルギーのブリュッセル。

イタリアはローマ、チンクエテッレ、フィレンツェ、ヴェネツィア。

バチカン市国。

クロアチアのザダール、スプリット、ドゥブロヴニク、サブタット。

チェコのプラハ。

 

素晴らしく、壮絶な5週間でした。

 

5週間も旅するものじゃないですね、クタクタです。

早く解放されたいと思うほどでした。

どこで何を見たのか、行き慣れたロンドンの観光名所の名前も

思い出せなくなるほど思い出もごちゃごちゃです。

 

いろんなハプニングもありました。

寝ずの移動でカフェやバーで夜を明かしたり、

スーツケースが届かず数日間荷物なしで過ごしたり、

受け取ったスーツケースは見事に破壊されていたり、

カメラが故障し急遽買い替えに走ったり、

体調を崩して優しい人たちに助けられたり。

 

そんな壮絶な旅でしたが、本当に素晴らしいものをたくさん見ました。

訪れたどの街も個性が強く圧倒されるばかりでしたが、

特に強く印象に残ったのは、

バチカンとルーブル美術館で見た虹、

チンクエテッレのレモンや植物と海の色のコントラスト、

ヴェネツィアの夕日と反射して水色に光る水面、

スプリットで見た大きなブルームーン、

ドゥブロヴニクの海のエメラルドグリーン。

 

5週間の旅で一番感動したのは自然で、とても癒されました。

 

今は旅の緊張感と疲れから解放されてホッとしています。

しばらくゆっくり休んでまた絵を描きます。