アルコールインクアートにエタノールは使えるの?

 

アルコールインクアートにエタノールは使えるの?

 

イギリスではいつも画像のような

Isopropyl Alcohol (アイソプロポル アルコホール)

というアルコール濃度99.9%のものを使用していました。

 

 

ちなみに、

アルコールインク アートにはアルコール濃度90%以上

のものを使用するのが良いとされています。

 

帰国して久しぶりにアルコールインク アートをしようと思い、

アルコールインクアートにエタノールは使えるのかな?

と、疑問に思いました。

こんな感じのエタノールです。楽天でも購入できます。

 

消毒用エタノールのボトルには、

” アルコール類 “

” 添加物としてイソプロパノールを含有します “

” エタノール ( C2H6O ) 76.9〜81.4 vol%を含有します “

の記載。

 

使えそうだけど、76.9〜81.4 vol%のアルコール濃度という意味であれば

少し低めですね。

確信がなかったので調べてみました。

 

まず分かったのは、エタノールはアルコールの一種であるということ。

 

vol%というのは体積百分率で、このvolはvolume(体積・容積)を表しているようです。

簡単に言うと、体積に対して何パーセントのアルコール・エタノールが含まれているか……

つまりアルコール (エタノール濃度)ということですね。

ということは、私が持っている消毒用エタノールのアルコール (エタノール) 度数は、

76.9〜81.4 vol%ということになります。

 

エタノールはアルコール濃度によって以下のように呼び方が変わるようです。

無水エタノール             99 vol%

エタノール                     95 vol%

消毒用エタノール     約 80 vol%

 

殺菌消毒の際にはアルコール濃度が80v/v%前後だと、アルコールと水分の割合的に

染み込む速度と蒸発する速度が最適なようです。

なので消毒用エタノールはアルコール濃度が低めなんですね。

 

結論としては、

消毒用エタノールはアルコールインク アートに使用できるけど、

蒸発の速度が遅いので乾くのに時間はかかる、ということです。

 

初めてアルコールインク アートに挑戦する際は乾くまでに時間に余裕があるので

良いかもしれませんね。

それに価格的にも消毒用エタノールの方が安いです。

ちなみに無水エタノールも消毒用エタノール同様ドラッグストアやオンラインショップでも

購入できるのですが、

無水エタノールの価格は500mlあたり1000円前後

消毒用アルコールは500mlあたり400〜500円

アルコール濃度は20%くらいしか変わらないのに価格は倍ほど変わります。

 

なのでお家に使っていない消毒用エタノールとか、使用期限が過ぎてしまったものがあれば、

是非アルコールインク アートに使ってみてください。

乾く時間に若干差はありますが、練習には良いと思いますよ。