Alcohol Ink Art : コピック バリオスインクが生産停止しました

 

 

みなさんの中ではもうご存知の方も多いと思いますが、2019年 6月7日にコピック公式ホームページでバリオスインクのリニューアル生産停止の発表がありました。

発表の時点では、もう既に生産を停止しているような内容でした。

これは発表内容の一部です。

 

『 コピックシリーズの補充用インク「コピックバリオスインク」のリニューアルを実施いたします。

つきましては、後継品への切り替えのため「コピックバリオスインク25ml」(全358色、空ボトル)は在庫分をもって順次販売終了とさせていただきます。

より補充しやすく、使いやすいように改良した新たな補充用インクの発売は2020年春を予定しております。詳細はあらためて正式にご案内いたしますので、しばらくお待ちください。

【対象商品】
コピックバリオスインク25ml 単色(全358色)
コピックバリオスインク25ml 空ボトル       』

 

確かにバリオスインクの細長いボトルは立てておくのが難しく、口が大きいのでインクも漏れやすくて使いにくかったのでリニューアルされるのは嬉しいですが、長期間に渡る生産停止はとても困りますよね。

この発表後は、バリオスインクを扱う画材・ステーショナリーのオンラインショップでは、”在庫無くなり次第販売終了”のような表示がされるようになりました。

ですがやはり人気カラーはもう手に入りにくい状態です。

リニューアル後の販売開始時期も 2019年 春の予定となっていますが、遅れる可能性もありますし、お気に入りの色は早めにストックされることをお勧めします。

より使いやすく、スタイリッシュなボトルになって戻ってきてほしいですね。