Alcohol Ink Art : 上手く描けない? IPAを使ってみて !

久しぶりにアルコールインクアートです。

最近よくInstagramで、ワークショップの問い合わせをいただくのですが、今のところ特にワークショップの予定はしていません。

ですが、アルコールインクアートは材料さえ揃えばあとはほぼ練習あるのみです。

自分で材料を揃えてしまえば、高額なお金を払ってワークショップに参加する意味はないと思っています。

(もちろんそのアーティストさんの大ファンだったり、特別なテクニックを持っている方に教えてもらうのは別だと思います。

ですがそれは、中級〜上級レベル向けのワークショップに限りますね。)

最初だからこそ、ワークショップの参加費を材料費に当ててたくさん練習していただきたいな、と思います。

ビギナーの方でもこれからご紹介する材料で練習し続けたらすぐに上達できますよ。

 

なので、今回は何がアルコールインクアートを難しくさせるのか、どうしたらより簡単にできるようになるのかをご紹介します。

 

大きな差を生むのはアルコール液です。

以前にアルコール液とエタノールの種類については下記の記事で詳しく説明しています。

アルコールインクアートにエタノールは使えるの?

この中でもご紹介させていただいた通り、アルコール濃度の高いものほど揮発性が高いため、描きやすくなります。

消毒用エタノールですとアルコール濃度が低いため、揮発性が低いですね。

揮発性が低いと、美しいラインが出にくく、滲んだようなもやもやした印象になりやすいです。

揮発性が高ければ、インクの流れたラインが綺麗に出てメリハリのある作品になります。

アルコール濃度が100%に近いほど描きやすいということです。

そこで、こちらのアルコール液がおすすめです。

イソプロピルアルコール (IPA)

 

アルコール濃度は99.9%です。

ロンドンに住んでいた時はイソプロピル(イソプロパノール)アルコールを使用していて、日本でも同様のものをずっと探していました。

最近これを見つけたのですが、無水エタノール以上のアルコール濃度エタノールよりずっと安く購入できます。

私は練習では安いエタノールを使用していたこともあったのですが、今は思い切りこのIPAを使って練習できます。

とても描きやすいですよ。

( ちなみに無水エタノールとはほとんどアルコール濃度は変わりませんので、使用感は変わらないと思います。

しかし無水エタノールはIPAの4〜5倍のお値段です。)

 

ここからは以前にご紹介した材料ばかりです。

私はアルコール液は必ずニードル付き容器に入れ替えて使用しています。

一度ニードル付き容器を使用するととても使いやすいので、もう欠かすことができません。

必要な量のアルコール液を垂らしたいところにピンポイントで垂らせます。

インクを入れ替える場合は10mlの小さいボトルで十分ですが、アルコール液はたくさん使用しますので、20ml以上の容器の方が入れ替える手間が減って良いと思います。

私は現在30mlを愛用しています。

50ml以上使う時は、大きな作品を描く時や、何度も直しながら描く時ですね。

 

私は合わせて以下のヒートガンも使用しています。

ヒートガンを使うことによって熱で一気に揮発させられるため、インクのラインが綺麗に出ます

しかしかなり高温になるので火傷にご注意ください。

ちなみに私はIPAを使うようになってからは、ヒートガンを使う回数は半分以下になりました。

ヒートガンを使わなくても美しいラインが出しやすくなったからです。

 

ヒートガンを使用する場合はこちらのユポ紙 (250GSM) がおすすめです。

現在のところ、日本で購入できるユポ紙でA4、A3サイズのものだと250GSMが最高だと思います。

( 日本ではA3以上の大きさで分厚いユポ紙はまだ売られていないようです。)

250GSM以下ですと、紙が薄すぎてヒートガンの熱に耐えられなくなってきます。

250GSMでも熱を近づけすぎると紙が曲がってしまうので注意が必要です。

もちろんヒートガンを使用しない場合はどんなユポ紙でも大丈夫ですよ!

 

これらが揃えばビギナーさんでも必ずインクの美しいラインが出せるようになります。

最初はインクのコントロールが難しいですが、あとは練習あるのみです。

私は今のこの材料に落ち着いてから、アルコールインクアートがより簡単に綺麗に描けるようになり、以前よりも楽しくなりました。

アルコールインクアートは見た目よりも難しく、なかなか上達できずにめげそうになる…という方も多いです。

私も長い間そう感じつつも様々な実験を繰り返して現在に至りました。

無水エタノールを使っていた人にとっては、IPAも描き心地は変わりませんが、コストを大幅カットすることができますので、IPAでたくさんアルコールインクに触れる時間を増やしてください。

皆さんにもよりレベルアップしやすい道具を使って、アルコールインクアートを楽しんでいただきたいです。

 

 

アルコールインクアートにエタノールは使えるの?

 

アルコールインクアートにエタノールは使えるの?

 

イギリスではいつも画像のような

Isopropyl Alcohol (アイソプロポル アルコホール)

というアルコール濃度99.9%のものを使用していました。

 

 

ちなみに、

アルコールインク アートにはアルコール濃度90%以上

のものを使用するのが良いとされています。

 

帰国して久しぶりにアルコールインク アートをしようと思い、

アルコールインクアートにエタノールは使えるのかな?

と、疑問に思いました。

こんな感じのエタノールです。楽天でも購入できます。

 

消毒用エタノールのボトルには、

” アルコール類 “

” 添加物としてイソプロパノールを含有します “

” エタノール ( C2H6O ) 76.9〜81.4 vol%を含有します “

の記載。

 

使えそうだけど、76.9〜81.4 vol%のアルコール濃度という意味であれば

少し低めですね。

確信がなかったので調べてみました。

 

まず分かったのは、エタノールはアルコールの一種であるということ。

 

vol%というのは体積百分率で、このvolはvolume(体積・容積)を表しているようです。

簡単に言うと、体積に対して何パーセントのアルコール・エタノールが含まれているか……

つまりアルコール (エタノール濃度)ということですね。

ということは、私が持っている消毒用エタノールのアルコール (エタノール) 度数は、

76.9〜81.4 vol%ということになります。

 

エタノールはアルコール濃度によって以下のように呼び方が変わるようです。

無水エタノール             99 vol%

エタノール                     95 vol%

消毒用エタノール     約 80 vol%

 

殺菌消毒の際にはアルコール濃度が80v/v%前後だと、アルコールと水分の割合的に

染み込む速度と蒸発する速度が最適なようです。

なので消毒用エタノールはアルコール濃度が低めなんですね。

 

結論としては、

消毒用エタノールはアルコールインク アートに使用できるけど、

蒸発の速度が遅いので乾くのに時間はかかる、ということです。

 

初めてアルコールインク アートに挑戦する際は乾くまでに時間に余裕があるので

良いかもしれませんね。

それに価格的にも消毒用エタノールの方が安いです。

ちなみに無水エタノールも消毒用エタノール同様ドラッグストアやオンラインショップでも

購入できるのですが、

無水エタノールの価格は500mlあたり1000円前後

消毒用アルコールは500mlあたり400〜500円

アルコール濃度は20%くらいしか変わらないのに価格は倍ほど変わります。

 

なのでお家に使っていない消毒用エタノールとか、使用期限が過ぎてしまったものがあれば、

是非アルコールインク アートに使ってみてください。

乾く時間に若干差はありますが、練習には良いと思いますよ。