Fluid Acrylic Art Work 2 (スワイプ)

 

フルイッド アクリリック アート作品です。

 

クリスマスからハマっているゴールドをたっぷり使いました。

光が当たるとキャンバスの半分を覆うゴールドがキラリと光って、

その隙間からターコイズブルーが覗きます。

使用カラーは全部で5色。

– ホワイト

– ゴールド+コッパー

– ターコイズブルー

– 褐色+コッパー

– ダークブラウン

 

この作品はフルイッド アクリリック アートの Swipe (スワイプ)

という技法で描いています。

ちなみにスワイプ直後の様子がこちら。

スワイプするとこんなに小さくて可愛いセル (と呼ばれる細胞状の模様)

が無数に現れました。

このままでも可愛いのですが、それをさらにトーチ (バーナー) の熱で

セルを増やしていきます。

このセルが生まれる瞬間が何とも楽しいんです。

フルイッド アクリリック アートの一番の見所です。

なので世界中のアーティストが制作過程を動画でアップするんですね。

 

フルイッド アクリリック アートは描いているというより、

作っているという感覚。

初めて作品を見た人にはだいたい、

『これ描いたの !? 』

と、びっくりされるのですが、いつも

『描いたってほどでも無くって……作ったって感じです。』

と答えちゃいます。

絵が苦手な方でも楽しめますし、材料さえ揃えば誰でも出来ます

なのでDIY好きな方にはとってもオススメなんです。

結構海外では腕の太いおじさんフルイッドアーティストも多いんですよ。笑

お子さんと一緒に実験してみるのも良いですね。

 

 

ちなみに今回私が使用したメディウム (=アクリル絵の具に混ぜた液体)

は以下の通りです。

 

– Pouring Medium (ポーリング メディウム)

– Floetrol (フロートロー)

– Distilled Water (蒸留水)

– PVA Glue (PVAグルー)

– Gross Medium (グロス メディウム)

– Silicon Oil (シリコン オイル)

 

毎回少しずつレシピを変えて実験をしています。

こんなにたくさんのメディウムを使わなくてもフルイッド アクリリック

アートは出来るので心配しないでくださいね!

あくまでもベストな仕上がりを目指して実験をしているので今回は

こんな感じでたくさんミックスしました。

ポーリング メディウム、水、シリコンオイルの三つは

フルイッド アクリリック アートには必須です。

ポーリングメディウムは楽天で購入できます。

実験から生まれたゴージャスな豹柄アート

 

フルイッド アクリリック アートの実験中にできたゴージャスな豹柄のようなパターン。

 

いつもフルイッド アクリリックの実験をする時には、いらない物の上に描いています。

 

フルイッド アクリリックには画用紙は適さないので、キャンバスを使わずに

実験/練習したい時には防水のものを使うのがお勧めです。

 

なのでこれも実はスーパーのお弁当のプラスチックの蓋に描いたものです。

( ちょっと硬めのものが良いです。薄いベコベコするものだと絵の具の重みで

真ん中がたるんだりしてしまうのでダメなんです。 )

 

この豹柄アートは、フルイッド アクリリック アートの

Swipe ( スワイプ )

という方法で描いたものです。

 

他にはダーティーポアや、ダイレクトポアなどの方法もあり、

これらの方が主流です。

 

メディウム ( 数種類の液体 ) とアクリル絵の具を混ぜたものを流して、

ヘラでサーっと表面を撫でていくようにスワイプするとこんな感じになります。

ヘラはいらない名刺やカードを使うこともできます。

スワイプが出来るとフルイッド アクリリックの幅が広がって楽しくなりますよ。

 

ポーリングメディウムは楽天で購入できます。