初めてのアルコールインク アート / ビギナー編


 

 

アルコールインクアートを始めるビギナーの方向けの実践編です。

 

今回はYupo Paper ユポ紙 ) に描いてみます。

 

– 1  アルコール液をユポ紙に垂らします。

(スポイトを使ったり、筆で塗っても大丈夫です。スポイトを使うアーティスト

の方が多いです。)

 

– 2  そのアルコール液の上にアルコールインクを落とします。

(2→1の順になっても大丈夫ですが、1→2の方が綺麗な円ができやすいです。)

 

– 3  その上に再度アルコール液を垂らすとアルコールインクが広がります。

 

– 4  以降は基本的に1~3の繰り返しです。特にルールはありません。

 

アルコールが気化すると、乾いてアルコールインクの色素がユポ紙に定着します。

乾く前にストローで息を吹きかけると、色が流れるように広がっていきます。

 

波のような模様になるよう、ヘアドライヤーやさらに高温のヒートガンなどで

一気に乾かす技法もあります。

(ユポ紙は熱に弱いので、ヒートガンを使用する場合は分厚いユポ紙をお使いください。

ヒートガンを使用する場合はこちらのユポ紙 (250GSM) がおすすめです。)

 

一度乾いてしまっても、またアルコール液を垂らすと復活します。

(ですが、一度アルコールインクを落としたところには色が染みのように残るので、

完全に消すことはできません。)

 

そして、一度乾いたアルコールインクの上に、アルコール液を垂らすと、

綺麗なドットになります。

画像で白っぽいドットになっているところがアルコール液を垂らした箇所です。

細かい点々のようなドットも全てそうです。

夜空の星のような、海の泡のような、幻想的な世界が表現ができるのは

他のフルイッドアートにも無い、アルコールインクならではの技法です。

 

簡単そうに見えるのですが、相手は表面張力で動いている液体なので

意外と思うようにはいきません。

逆にそこが面白いです。

私は一度も自分の思い通りに描けたことはないのですが、

毎回発見があってとても奥が深いアートです。

みなさんにも楽しんでいただけると嬉しいです。

 

おすすめのユポ紙 (80GSM)はこちら (ヒートガンを使用しない場合) 。

こちらはサイズはA1と2の間くらいでとても大きいので、ハサミで切ってお使いください。

 

(アルコールインクもアルコール液も引火性です。

火気には十分注意して安全にアートを楽しんでくださいね。)

アルコール インク アートを始めよう / 何が必要?

↓ 新しく書き直した記事があります。下記リンクより移動してください。

『アルコールインクアートを始めよう』2020年

 

アルコールインク アートを始めたいけど、何が必要なのかわからない

という方のために、まずは必要最低限のものをご紹介します。

次の3つのものがあれば始められます。

 

 

– 1 Alcohol Ink (アルコールインク)

 

右にずらりと並んだ小さなボトルたちがアルコールインクです。

ちなみに画像のものは以下のブランドのものです。

– Jacquard Piñata (ジャカード ピニャータ)

 

– Ranger (レンジャー)

 

日本製のCOPIC (コピック) の補充用バリオスインクもお勧めです。

(追記: 2020年春バリオスインクはボトルがリニューアルされ、コピックインクに生まれ変わりました。)

 

2 アルコール濃度90%以上の消毒用アルコール

 

画像の左側の白いボトルのものがそうです。

私は現在99.9%のアルコールを使用していますが、90%以上が最適とされています。

ブランドなどは問いませんし、一番安いもので構いません。

日本ではドラッグストアやオンラインで手に入ります。

海外で購入される場合は、

 Isopropyl Alcohol (アイソプロポル アルコホール)

または

Isopropanol (アイソプロパノール)

でお探しいただくと、きっと見つかると思います。

 

上の画像で、アルコールのボトルの前にあるニードルつきの小さな透明ボトルには

自分でこのアルコール液を入れかえて使用しています。

これは私のアイディアなので、みなさんの使いやすいように工夫していただければ

いいと思います。

個人的にはこのニードル付き容器は必要な分だけのアルコールを垂らすのに最適で、

もうアルコールインクアートには欠かせないくらい使いやすいです。

(左)ニードル付き容器、(中)スポイト付きボトル、(右)プラスチック製のスポイトとアルコール液を入れるためのグラス

海外アーティストの方々は、画像(中)や(右)のようにアルコール液をコップやボトルに

入れて、スポイトや筆などでとって使っている人が多いようです。

 

以上のアルコールインクとアルコール液の2つがあれば描くことができます。

(どちらも引火性なので、説明書を必ずお読みになって

火気に注意して使用してくださいね。)

 

さて、ではどこに描きましょう?

画用紙だと濡れてベコベコになってしまったり色が染み込んでしまいます。

なのでアルコール インクを使用する時には水を吸わないものに描くことになります。

 

 

– 3 Yupo Paper (ユポ ペーパー) または タイルなど

 

ユポ ペーパー (または ユポ紙) はフィルム法合成紙というもので、

主にポリプロピレン樹脂でできています。

水に強く破れにくいため、屋外用のポスターなどの印刷にも使用されるそうです。

その為、ユポ紙はアルコールインクアートには最適な紙なのです。

 

しかし、ユポ紙はあまり身近なところでは扱っていないので

基本的にオンラインショップで探すのが早いです。

通常の紙よりもお値段も高いので、まずはホームセンターで

購入できるような白いタイルに描いてみることもお勧めです。

アクリル板でも良いです。

基本的にアルコールインクは油性ペンに使われているインクと同じと

思っていただいて大丈夫です。

なのでタイルやアクリル板以外にもいろんなものに描くことができます。

しかし、アルコールインクアートではアルコールの表面張力を利用して描くので、

アルコールが流れたり垂れたりしないよう、表面が平らなものを選んでください。

もちろん安定した平らな所で描いてくださいね。

ユポ紙はこちら (80GSM) がおすすめです。

こちらはサイズはA1と2の間くらいでとても大きいので、ハサミで切ってお使いください。

ちなみにヒートガンを使用する場合はこちらのユポ紙 (250GSM) がおすすめです。

A3サイズなので、ハサミで半分に切ってA4にもできますし、

分厚いのにとても安いので、私はこちらを愛用しています。

ヒートガンというのはこんなものです。


ヘアドライヤーを使用してインクを乾かす場合もありますが、

ヒートガンはもっと高温で余計な風が少ないです。

 

 

さて、必要なものは揃いました。

ここでお勧めさせていただきたいことがあるんです。

 

アルコールインクのボトルのキャップは、全部白だったり黒だったりします。

(Copic バリオスインクはキャップにカラーが明記されています。)

アルコールインクアートを実際にやってみると、流れる液体を使って

アルコールが気化するまでの短い時間で描いているので、

描いている時は結構忙しいです。

ですが、間違ったキャップをしてしまって違う色のインクが混入してしまうのも嫌ですし、

蓋を閉めずにボトルのインクが乾燥するのも避けたいです。

なので、使い始める前に色が分かるようにしておくことをお勧めします。

 

 

こんな感じで、キャップの頭に少しインクをつけて乾かします

(アルコールインクは色素が下の方に溜まっているので、

蓋を開ける前に必ず振ってからご使用くださいね。)

 

 

これでいちいちキャップの中を覗き込んで色を確認しなくても大丈夫です。

色選びの時にも一目でわかって便利です。

 

最後に、ご用意していただくと良いものなのですが、

手についたインクは石鹸やクレンジングオイルで落とすことができるのですが、

服やカーペットについたり机などにインクが染み込んでしまうと

綺麗に落としきることは難しいです。

汚れても大丈夫な服装、そして机やカーペットは汚れないように覆っておくことを

お勧めします。

アルコール液がフローリングにつくと、白っぽいシミができます。

( ついてしまった場合はすぐに拭き取ってください。)

 

アレルギーがなければ肌が荒れることも滅多に無いと思うのですが、

インクなので手袋をされることをオススメします。

 

そして手に届くところにティッシュキッチンペーパーがあると便利ですね。

 

そしてアルコールインク アートは液体の表面張力を利用して描くので、

髪が長い方はまとめておきましょう

 

最後に、ストローがあればとても活躍してくれます。

ストローで息を吹きかけてインクを広げたりするのに使用します。

個人的には細めのストローが使い易いです。

 

(アルコールインクやアルコール液は引火性があります。

火気には十分注意して、安全にアートを楽しんでくださいね。)