ヴェネツィアは海に沈む?

 

 

現地の人に聞くまで知らなかったのですが、

ヴェネツィアの島々は人工島なんです。

 

5世紀に侵入してきたゲルマン人から逃れるためにイタリア人が

逃げて行き着いたのがアドリア海に面するラグーン。

ラグーンの水が城壁のような役割を果たし、ゲルマン人の侵入を

防いでくれたそうです。

 

そしてラグーンの下の泥に何千万本もの木の杭を打ち付けて

レンガなど数種類の石を重ねて基礎を作り家々を建てていったんです。

 

ヴェネツィアでは近年、地盤沈下に加え、地球温暖化により

海面上昇が起こり、以前は10年に一度ほどだった洪水

今では年に数回の頻度で起きているようです。

 

洪水が起きると広場も水浸しになってしまうため、移動のために

仮設の足場が置かれたりします。

少し風が強くなるだけでも海沿いの歩道が波で濡れることもあり、

怖がりの私はちょっと不安になりました。

 

そんなヴェネツィアで2003年に開始され現在も進行中の

MOZE Project (モーゼ計画) ” 。

 

3か所あるラグーンの入り口に開閉可能な可動式ゲートを設置し、

ラグーンに入ってくる海水の量をコントロールしようという計画。

 

水の都ヴェネツィアでは貿易のために大きな船が行き来するので

完全にラグーンの入り口を閉じてしまうわけにはいかないのです。

 

海底に巨大な可動式ゲートを設置するので、すでにかなりの費用が

かかっているのですが、その費用は年々どんどん増えていき、

さらに完成が何年も遅れているのが現状だそうです。

 

完成したところで正常に動くのか、実際にどれほど問題が

改善されるのかも分かりません。

 

地球温暖化問題やこれから起こりうる自然災害を考えると

不安になりますね。

 

ヴェネツィアは海に沈む運命にあるのかもしれない

 

と言う研究者たちもいるようです。

MOZE計画で問題を解決することは出来ないだろうと現地の

住人も言います。

 

今回はヴェネツィアについてでしたが、島国の日本にとっても

地球温暖化は今後大きな問題になるはずです。

 

便利な家電が当たり前のように普及している現代では地球温暖化を

止めることは不可能かもしれませんが、もし世界中の人たちが

意識して二酸化炭素を発生するゴミを減らしたりすれば

ずいぶん変わりますね。

 

無駄に買わないエコバッグを使用して過剰包装の商品を避ける

可燃・不燃・リサイクルのゴミを分ける

 

簡単そうですがこれを100%できてる人ってほとんどいないですよね。

私はエコバックを携帯し、ゴミの分別には気をつけているのですが、

過剰包装の商品でも安さや品質などを優先して買ってしまっています。

オンラインショップの利用が増えている現代ではどうしても梱包・包装の

ゴミが増えがちです。

もっと気をつけないといけないですね。

 

世界最小国バチカンはなぜローマの中にあるのか

 

5週間に及ぶ一人旅、最初の目的地はバチカン市国。

 

東京ディズニーランドよりも面積が小さく

世界最小国として知られるバチカンですが、イタリア・

ローマの中に位置しているため、イタリア人にはローマの一部

という感覚のようです。

 

実際、パスポートも要らず、塀で囲まれた敷地に入ったらバチカンです。

 

『なんでローマの中にバチカンがあるの?』

 

元々バチカンはサン・ピエトロ大聖堂を含むローマに加え、

かなり大きな領土を持っていたそうです。

 

しかし、イタリア国に徐々に領土を奪われ、

ついに大聖堂までもイタリア領土とされそうになった時、

そうはさせまいと当時の教皇が大聖堂に引きこもり抵抗しました。

 

そしてこの状態 ( ローマ問題と呼ばれる ) がなんと

50年以上続きます。

 

カトリックの総本山である大聖堂はイタリアだけでなく、

世界中のカトリック信者にとって最も重要な場所です。

このままではイタリアとしては立場がありません。

 

そこでイタリアはローマ問題を解決すべく、和解に臨みます。

 

当時まだバチカンのものであったローマを含む多くの土地を

イタリア領土とする代わりに、バチカンを独立国家として認め、

カトリック教会の特別な地位を保証するという交換条件により、

和解に至ったそうです。

 

ローマは元々は大きな国家だったんですね。

 

今ではローマからバチカンに気軽に訪れることができるようになり

とても良い関係に見えます。

 

バチカンで外国人観光客が入れるのは、サン・ピエトロ大聖堂、広場、

バチカン博物館 (美術館) のみなのですが、全て見て回るには1日掛かりです。

朝から閉館までゆっくり楽しめます。

そしてどこを見てもため息が出るほど素晴らしいです。

 

世界最大級の博物館の中で、一番の見所は地図の間

長い廊下のような部屋の両サイドには鮮やかなブルーの地図が並び、

天井は一面絵画と装飾が施されています。

この空間が一番好きでした。

 

そして大聖堂の展望台からの眺めも見逃せません。

この時期、行く先々で土砂降りに遭い、この日も朝からずっと雨でした。

ですが展望台に上がると光が差し、霧雨の中、大きな虹が現れました。

バチカンでの一番の思い出です。

雨も悪くないです。

ヨーロッパ7ヶ国を5週間で一人旅

 

クロアチア、ドゥブロヴニクでの夕焼け

 

2018年春、帰国しました。

 

3月の上旬、ロンドンを出発してから5週間の一人旅に出ていました。

2年間イギリスに住んでいたのに旅行に行く余裕がなく、今回が

初めてのヨーロッパ旅行でした。

 

訪れた国は7カ国。

 

スコットランドのエディンバラ。

フランスのパリ、ヴェルサイユ。

ベルギーのブリュッセル。

イタリアはローマ、チンクエテッレ、フィレンツェ、ヴェネツィア。

バチカン市国。

クロアチアのザダール、スプリット、ドゥブロヴニク、サブタット。

チェコのプラハ。

 

素晴らしく、壮絶な5週間でした。

 

5週間も旅するものじゃないですね、クタクタです。

早く解放されたいと思うほどでした。

どこで何を見たのか、行き慣れたロンドンの観光名所の名前も

思い出せなくなるほど思い出もごちゃごちゃです。

 

いろんなハプニングもありました。

寝ずの移動でカフェやバーで夜を明かしたり、

スーツケースが届かず数日間荷物なしで過ごしたり、

受け取ったスーツケースは見事に破壊されていたり、

カメラが故障し急遽買い替えに走ったり、

体調を崩して優しい人たちに助けられたり。

 

そんな壮絶な旅でしたが、本当に素晴らしいものをたくさん見ました。

訪れたどの街も個性が強く圧倒されるばかりでしたが、

特に強く印象に残ったのは、

バチカンとルーブル美術館で見た虹、

チンクエテッレのレモンや植物と海の色のコントラスト、

ヴェネツィアの夕日と反射して水色に光る水面、

スプリットで見た大きなブルームーン、

ドゥブロヴニクの海のエメラルドグリーン。

 

5週間の旅で一番感動したのは自然で、とても癒されました。

 

今は旅の緊張感と疲れから解放されてホッとしています。

しばらくゆっくり休んでまた絵を描きます。

おすすめ! ロンドンで絶対行きたい自然史博物館

 

今回はロンドンでの私のお気に入りの場所をご紹介します。

何度訪れてもドキドキ、ワクワクする場所です。

サウス ケンジントンにあるこちらの Natural History Museum (自然史博物館) 、

外から見ても巨大な建物にびっくりなのですが、

エントランスがまた素晴らしいんです。

いつもなら首長恐竜の化石がお出迎えなのですが……

 

 

今年 (2017年) の夏から来年の2月末まで開かれているクジラ展のために、

現在は全長25メートル、重さ4.5トンにもなる大きなクジラが出迎えてくれます。

写真では伝わりにくいのですが、そのお大きさは本当に迫力満点です。

この期間にロンドンに来られる方には是非、いえ、必ず訪れてほしい場所です。

ガイドブックでは British Museum (大英博物館) の方が大きく取り上げられて

いることが多いのですが、私は断然こちらの自然史博物館の方が好きです。

というのは、ここにいると自然や地球の素晴らしさを本当に実感します。

そしてインスピレーションの宝庫なんです。

自然史博物館のすごいところは、鉱物や化石の展示数が圧倒的に多いところ。

ほんの一部ですがシェアしたいと思います。

 

 

これが自然に生み出されるのって素晴らしいことですよね!

色の鮮やかさや形、自然が作り出したとは思えないようなその姿にいつも目を疑います。

こちらは木の化石。

石化した木の表面が、Agate (アゲート) と呼ばれる鉱物に覆われているんです。

このように木と鉱石が共存していることは珍しいことではなく、

様々な組み合わせが見られます。

パワーストーンとしても有名なアゲートは瑪瑙 (メノウ) とも呼ばれます。

聞いたことがあるという方も多いかもしれませんね。

アゲートは面白い模様や、様々な色のものがあるので、これからも

もっとシェアしていけたら良いなと思っています。

こういう色の絵が描きたいとか、この輝きを表現したいとか、

いろいろ考えるのが楽しいですよね。

 

そして逆に、自然が生み出すものと同等のものやそれ以上のものを表現することは

絶対にできないんだなぁとも感じます。

ほとんどの人が自然を楽しみ、愛します。

海に行ったり、キャンプしたり、大自然の中で写真を撮ってSNSにアップしたり…。

だけどその中の多くの人が、自然を壊しているのも事実です。

矛盾していますよね。

日本にいる時よりもロンドンにいるとそれを痛感します。

(イギリス人がというわけではありません。一部のイギリス人、ヨーロッパの人たち、

移民の人たち、観光客と様々です。もしかしたら日本人も。)

道を歩いている人が灰皿を素通りしタバコを道に捨てていったり、

車やホテルの窓からタバコやガムを投げ捨てるのを毎日目にします。

自然を愛している人と自然を大切にしている人は必ずしもいつも同じではありません。

ちょっと暗い話になってしまいましたが…

見た人が自然の美しさを思い出して大切にしたいと思うような絵が描けたらいいなぁと思います。